法人概要・沿革

みみょうグループ(3法人)の沿革・各施設の概要

  • みみょうグループは、大正14年4月に、広島市南段原町において、松尾シズが「仏に手を合わせる子をつくりたい」と願って創設した「微妙幼稚園」を母体にスタートしました。
    現在では、社会福祉法人微妙福祉会、学校法人微妙学園、学校法人翠光学園の3法人からなり、保育園、幼稚園、幼保連携型認定こども園の計9園を運営しております。
社会福祉法人微妙福祉会

概 要

所 在 地 〒734-0023 広島市南区東雲本町二丁目12−20
電話番号 082−283−0900
設立年月 昭和24年4月
理 事 長 松尾龍一
事業内容 保育所の運営(7か園)
従業員数 225名(28.5現在)
園 児 数 1201名(28.5現在)

沿 革

昭和24年 4月 地域住民の強い要望に応えて、広島市段原日出町字山崎540番地の1に定員幼児50名にて微妙保育園(66.11?)を開園する。
初代園長に松尾賢俊が就任する。
昭和25年 4月 微妙保育園、指令児第5号により児童福祉施設として認可を受ける。
昭和28年 2月 定員65名(乳児10名、幼児55名)に増員する。
昭和36年 3月 現在地(広島市南区東雲本町2丁目10番9号)に移転する。
昭和37年 4月 不明の失火により、附属建物1棟を残し園舎を焼失する。
昭和37年12月 定員65名(乳児20名、幼児45名)の再建園舎(160.82?)が完成する。
昭和47年 9月 個人立から社会福祉法人立に組織変更する。
初代理事長に松尾賢俊が就任する。
昭和50年 4月 待機児童解消のため、第二微妙保育園(968.65?)を新築し、定員160名 (乳児60名、幼児100名)で開園(第1期工事)する。
昭和52年 9月 二代目理事長・第二微妙保育園園長に松尾龍一が就任する。
昭和54年 4月 待機児童解消のため、第二微妙保育園(1673.45?)を増築し、定員を160名から260名(乳児80名、幼児180名)に増員(第2期工事)する。
昭和55年 8月 第二微妙保育園開園に伴い、微妙保育園の定員を65名(幼児45名、乳児20名)から45名(乳児)に減員する。
平成 元年 4月 国・広島市補助金を受けて、微妙保育園を改築(410.73?)し、定員45名(乳児専門)とする。
平成 元年 4月 保育園の園名を「微妙」から「みみょう」に名称変更する。
平成 2年 4月 みみょう保育園で週1回園庭開放を開始する。各園でも順次実施する。
平成 9年 4月 待機児童解消のため、第二みみょう保育園の定員を260名から280名(乳児90名、幼児190名)に増員する。
平成11年 5月 みみょう保育園で一時保育事業を開始する。
平成13年 4月 国・広島市の補助金により、段原みみょう保育園をみみょう幼稚園の上層階に合築(934.02?)し、定員90名(乳児45名、幼児45名)で開園する。
平成14年 4月 段原みみょう保育園の定員を90名から110名(乳児50名、幼児60名)に増員する。
平成15年 4月 段原みみょう保育園の定員を110名から125名(乳児50名、幼児75名)に増員する。
平成15年 7月 国・広島市の補助を受けて、第二みみょう保育園の大規模修繕工事を行う。
平成18年 4月 段原みみょう保育園の定員を125名から130名(乳児55名、幼児75名)に増員する。
平成18年 5月 耐震診断調査により、第二みみょう保育園が震度6強で崩壊の可能性があることが判明する。
平成19年 4月 熊野町より指定管理者として選定され、くまの・みらい保育園(2,643.68?)の運営を受諾し、定員150名(乳児46名、幼児104名)で開園する。
くまの・みらい保育園で病後児保育、子育て支援センター事業(週3回)、一時保育事業を開始する。
平成19年 9月 段原みみょう保育園で休日保育「みみょうプラザ」を開始する。
平成21年 4月 くまの・みらい保育園の定員を150名から180名(乳児75名、幼児105名)に増員する。
平成21年12月 国・広島市補助金を受けて、第二みみょう保育園の増改築工事に着工する。
平成22年12月 国・広島市補助金を受けて、第二みみょう保育園を改築(3,204.18?)し、定員360名(乳児138名、幼児222名)とする。
平成23年 4月 みみょう保育園の一時保育事業を第二みみょう保育園に移管する。
平成25年 4月 国・広島市補助金を受けて、第二みみょう保育園分園として日出みみょう保育園(680.13?)を定員36名(乳児専門)で開園する。
平成27年 4月 坂町立坂保育所と小屋浦保育所を坂町から民間移管を受け、坂みみょう保育園(1,068.43?)定員186名(乳児54名、幼児132名)、小屋浦みみょう保育園(872.90?)定員40名(乳児15名、幼児25名)として開園する。
平成28年 4月 国・広島市補助金を受けて、日出みみょう保育園の幼児定員30名を増員し、定員66名(乳児36名、幼児30名)で本園化する。
平成28年12月 くまの・みらい保育園指定管理を平成29年4月1日から平成34年3月31日の期間で再指定を受ける。
平成29年12月 広島市より比治山小学校区放課後児童クラブ運営団体に選定され、みみょう児童クラブしののめ(定員40名)を開設する。
学校法人微妙学園

概 要

所 在 地 〒732-0814 広島市南区段原南一丁目5−3
電話番号 082−261−5330
設立年月 大正14年4月
理 事 長 松尾龍一
事業内容 幼稚園の運営(1か園)
従業員数 21名(28.5現在)
従業員数 173名(28.5現在)

沿 革

大正14年 4月 広島市南段原710番地の1に微妙幼稚園を開園する。
昭和 3年 9月 微妙幼稚園、指令第4164号により幼稚園として認可を受ける。
昭和21年 3月 二代目園長に松尾賢俊が就任する。
昭和28年 7月 個人立から学校法人立(学校法人微妙学園)に組織変更する。
昭和61年12月 学校法人微妙学園二代目理事長に松尾龍一が就任する。
昭和37年12月 定員65名(乳児20名、幼児45名)の再建園舎(160.82?)が完成する。
昭和63年 7月 幼稚園の園名を「微妙」から「みみょう」に変更する。
平成 元年 9月 段原再開発事業により園舎を仮移転する。
昭和52年 9月 二代目理事長・第二微妙保育園園長に松尾龍一が就任する。
平成 4年 7月 現在地(広島市南区段原南1丁目5番3号)に園舎(938.43?)を改築し、定員を200名とする。
学校法人翠光学園

概 要

所 在 地 〒739-1734 広島市安佐北区口田五丁目17−19
電話番号 082−842−2700
設立年月 昭和50年4月
理 事 長 松尾龍一
事業内容 幼保連携型認定こども園の運営(1か園)
従業員数 36名(28.5現在)
園 児 数 159名(28.5現在)

沿 革

昭和50年 4月 松尾とし枝(みみょう幼稚園三代目園長)が、広島市安佐北区口田5丁目17番19号に翠光学園幼児部(翌年4月に学校法人翠光学園に組織変更する)を開園する。
平成21年10月 学校法人翠光学園翠光幼稚園の理事長に松尾龍一が就任する。
平成22年 9月 翠光幼稚園を増改築して、認定こども園翠光保育園(422.29?)を定員80名(乳児36名、幼児44名)で開園する。
平成27年 4月 幼保連携型認定こども園翆光幼稚園・保育園を「すいこう認定こども園」とし、定員170名(1号こども60名、2号こども60名、3号こども50名)とする。