お知らせ

あそびを通して学んでるよ

  • 手足を使って重心を大きく移動させて箱の中に入ったり出たりしています。重心を移動する
    運動を繰り返すことで平衡感覚が養われます。
    自分自身を“入れたり出したり”することをイメージしながら、自分自身の大きさ、自分の身体そのものを自覚します。そして『中と外』の違いから、世界が立体であることを体感し、奥行きの理解が深まり、空間認知力が高まります。子どもたちは、あそびの中でたくさんのことを学んでいます。

    あそびを通して学んでるよ※PDFファイルが開きます。